読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までのバイクとこれからのバイク

電気自動車だったり、電動自転車だったり、いろいろある電気のモノだけど。バイクにもその流れがようやく来たというべきか、来てしまったというべきか。

実際には結構前から開発はされてて、ようやく予告ができるとこまで来たって感じみたいだけど。どうなんですかね?

スズキが発表した燃料電池バイク「クロスケージ」は、なんか見た目がすごい未来感は出てる気がする

燃料電池入れて、モーター入れて水素容器入れてって感じだからかなり重厚感はでるよね。で、メーカーのデザイン次第では結構ダサいのが世に生まれてもおかしくないけど、スズキのは結構頑張ってる感じはする。ただ、色的にはちょっと・・・って感じはしなくもないけどね。

 

スズキのバイクっていったら、俺の中で結構思い入れがあるのはGSXインパルス。

子供の時に親戚の家にいったらあったんだよね。その時バイクそこまで好きとかじゃなかったんだが、GSXインパルスのってる親戚のおじさんがやたらここがいい、あれがいいって話を聞いてたきがする。そのおじさんの影響もあっていつの間にかバイク好きになってたしね。

なじみない人もいるかもしれないけど、GSXインパルスって結構名車だと思う。

http://www.bikeone.jp/special/suzuki/img/b_impulse400_tl.jpg

スズキの4代に続いた『衝撃』の名を持つインパルス。1982年にGSX400FSインパルスが発売されて以来’86年のGSX400X/XSに続き最近では定番の’94年のGSX400インパルス/タイプSそして2004年最終型のインパルス400となり2008年に初代GSX400FSのカラーリングと、クラッチカバーにTSCCのロゴを復刻した【スペシャルエディション】を販売した後、排出ガス規制により生産終了となったモデルです。

このインパルスは若年層から40歳前後くらいまでの年齢層に広く好まれておりまして、ノーマルの車輌よりも比較的ヨシムラ製等の社外マフラーやバックステップなどのカスタム車が流通しています。特にこのインパルスではケイヒン(KEIHIN)製のFCRキャブレターやヨシムラ製TMRキャブなど吸排気系まで改造しているケースが多く、バイクワンはそのキャブレターやそれ以外の細かなカスタム箇所まで車輌の査定額にプラスすることが出来る数少ない買取専門店になります。

GSXインパルス400買取|スズキ|バイクワン

 見た目がダサいって思う人も多いと思うけど、結構俺は好きなんだよね。これのよさはやっぱカスタムして見た目をガラって変えるのがいいんだよね。おじさんのGSXインパルスも全然違ったからな。まあ、そんな思いでもありつつ。

気になるのはさ、燃料電池バイクになった場合、どの程度カスタムできんのかな、ってとこだよね。外装はある程度大丈夫だろうけどさ、マフラーとかそもそもある?って感じもするし。

その価格ウン千万円!?スズキの燃料電池バイクに乗った!

このニュース見る限り、やっぱ音しないのか。なるほどなー。

レースとかやっぱあの音があってからこそ、って感じもするけど。まだまだ試作段階だしね・・・これからスズキ以外にホンダとはヤマハとかも燃料電池バイクはでてくるだろうし・・・。

 

これからのバイクがどうなるのか、期待と不安を持ちながら、って感じですかね。